家族の理想をカタチにした住まい。

イメージを実現させるために
アグレの注文住宅を選択

結婚生活は2DKのアパートで始まりました。快適な住まいでしたが、長女が誕生するといつしか手狭に。第二子も授かったことで、マイホームの購入を本格的に考えるようになりました。

人生最大の買い物だけに、妥協したくありません。価格はもちろん、住環境、交通の便、間取りなど、譲れない条件ばかりが増えてしまい、いくつか分譲住宅を見学したものの、購入までには至りませんでした。イメージどおりの家って、中々ないものだと実感しましたね。

ある日、近所を散歩していると売地を発見しました。「そうか、ここに自ら家を建てれば、理想の住まいができる!」、そう思った私は、少々予算オーバーでしたが、直ぐにその土地を購入しました。では、どのハウスメーカーにお願いするか? 頭に浮かんだのは、以前、成城で見かけたある分譲住宅。価格の割にイイ家だなと思ったので、もらった資料を保管していました。押入れから取出した封筒に書かれていた社名は、「アグレ都市デザイン」。

「アグレ? 都市デザイン?」、頭の中を?が駆け巡りましたが、ホームページを見ると、お城のような外観、かわいらしい内観、イメージにぴったりの住宅が並んでいました。連絡してみると、注文住宅にも対応可能とのこと。他にも数社検討しましたが、高いデザイン性とコストパフォーマンス、そして上場企業の安心感が決め手となり、アグレさんへお願いすることにしました。

女性目線の細やかな設計

設計を担当してくれたのは、女性の一級建築士さんでした。完成した家で一番長く過ごすのは妻ですから、住まいづくりも妻の視点を大切にしたいと思っていました。その意味で女性ならではのアドバイス・デザインは、とても嬉しかったですね。そう言えば、最初に挨拶したとき、「注文住宅を手掛けるのは初めて」と申し訳なさそうでしたが、不思議と不安はありませんでした。アグレさんの分譲住宅は、注文住宅のように個性と機能を両立させた家ばかりなので。

限られた時間の中で、色々なことを決めなければならない、注文住宅ならではの苦労でしたが、建築士さんとはメールで何度もやり取りして、私たちの想いをカタチにしてもらいました。今思い返すと家族みんなで取り組んだ、人生の中でも貴重な一時でしたね。私は建築士の真似事で、方眼紙に間取りを書いた日々が、何とも言えない思い出です。妻は娘と建築士さんと一緒にショールームへ行き、壁紙を選んだのがとても楽しい時間だったようですよ。

注文住宅なので、間取りはもちろん、収納スペースにも、細部にもこだわりました。ホワイトを基調にした室内ですが、アクセントクロスで遊び心を演出したり、子供たちの安全を考えて、柱の角を丸くしたり。建築士さんも天井の高さに変化をつけて、空間を広く見せるアイデアなど、プロならではの工夫をふんだんに盛り込んでくれました。おかげで、デザイン性と機能性を兼ね備えた、イメージどおりの新居が完成しました。

家族全員、大満足の住まいが完成。

キッチンは我が家の特等席

新居に住み始めて一年が経ちました。愛情を込めて建てた家だけに、住み心地は最高です。重厚感のあるお城のような外観は、周囲で見かけることもなく、家族全員とても気に入っています。

私は念願の書斎を持てたことが何より嬉しいですね。広くはありませんが、造りつけの収納棚とカウンターを設置して、まるで秘密基地のような落ち着ける空間になりました。

思い掛けないところに、家事スペースが確保できたことを、妻はとても喜んでいました。また、キッチンにも思い入れがあるようです。料理をしていても、小さい子供たちから目を離したくない。その反面、生活感が丸出しとなる、開放的なレイアウトは避けたい・・・

そんな要望を叶えてくれたのも建築士さんでした。キッチンからはリビングダイニングが見渡せる一方、リビングダイニングからはニッチを備えた壁を配置することで、キッチンの存在感を消す、見事な魔法をかけてくれました。トイレトレーニング中の娘の様子が分ったり、この家の象徴であるアール形状の窓から、季節の移ろいを感じたり。キッチンは我が家の特等席のようです。

子供たちはまだ、この家の素晴らしさに気付いていませんが(笑)、毎日元気に過ごしています。小さいときからアグレさんの家に住めるなんて、贅沢ですよね。本当に子供が羨ましいですよ(笑)

住まい選びの中で注文住宅を選択し、そしてアグレさんと出逢い、共に家づくりができて、本当に良かった。完成したこの家に暮らし、家族の笑顔を見るたびに、そんな実感が深まっていきます。